りんごは外食した際の食後のデザート

普段はあまりりんごを自ら買って食べることは少なく、外食した際の食後のデザートについてきたりしたら食べています。
ただ昔から体調が悪くて寝込んでいる時に、よく親がりんごをすりおろして食べさせてくれた思い出があります。
その名残から大人になった今でも寝込んでしまっている時はりんごを買って食べたり、りんごの入ったヨーグルトなどをよく食べます。
ちなみに昔寝込むとなぜ親はりんごを食べさせるのか気になって調べてみたことがあります。
りんごを食べたからといって風邪や病気が直接的に効くわけではなく、寝込んでいる時は食欲もなくなる為、栄養補給、水分補給が普段に比べて摂取量が減ってしまうので、それを補うためにりんごをよく食べさせていたみたいです。
りんごはほとんどが水分で水分補給ができる上、ちいさい子は発熱している時に低血糖になりやすいみたいでその低血糖もりんごで防げるみたいです。
りんご一個でなんと茶碗1杯分。角砂糖14個分、コーラ一本分もの糖質が含まれるみたいです。
そこまで糖質が多く含まれているとすこし心配になるレベルだなぁと個人的には思いました。
でもカロリーは100gあたり61キロカロリーらしいので驚くほどではないようです。
むしろ健康や美容にはもってこいのフルーツのようで、美容は腸内環境がかなり関係しているらしくその腸内環境を整えてくれる役割もりんごを食べることで完結できるみたいです。
りんごには高い整腸作用があるらしく、赤ちゃんやちいさい子にはすりおろして食べさせることで胃腸に優しく作用して、便秘や下痢にも効くようです。
他にもりんごの繊維には腸内の発がん物質を吸着して体外に排出したり、ビフィズス菌を増やしてがんに対する抵抗力を高めてくれるみたいです。
調べながらこの内容を書いていましたが、便秘になりやすかったり家系的にガン家系なので普段からも意識してりんごを食べようと思いました。
寒い季節になってきて肌が乾燥しやすくなっているので水分補給代わりにりんごを食べるのもありだなぁと思いました。
青森りんご 通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です