私にとって「りんご」は、ホッと一息つくための果物です。

果物が食卓やおやつに出てくる家庭で育たなかったためか、成人してからも自分で果物を購入して食べる習慣がありません。その様な私が唯一、スーパーに並んでいるのを見かけたら購入するのがりんごです。しかし、最初からりんごだけ特別という訳ではありませんでした。

自らりんごを購入するようになったのは、5年ほど前からです。当時、新卒で入社した会社で2年目を迎えていた私は、後輩ができたことへの不安、急な先輩の退職、その穴を埋めるための営業ノルマ増加と、不安と多忙で押し潰されそうでした。幸い1年目の時点で、部署での立ち回りや仕事フローは叩き込まれていたので、大きなミスをすることはありませんでしたが、一気に増えた担当顧客への提案と他の先輩のサポートで手一杯の状態に。上司から若いうちに新規開拓をしなさいと言われていましたが、とても手が伸ばせる状況ではありませんでした。しかし、その様な多忙を極めた日々でも、営業職だったため夜の会食は毎日のように組まなければなりませんでした。家に直帰する営業はいらないと豪語する会社でしたから、給料は出なくとも仕事の一環として必須だったのです。今振り返ると、何て時代遅れの会社に居たのだろうかと苦笑してしまうのですが、当時は必死にスケジュールを組んでいました。そんな不安・多忙・連日の会食による寝不足でボロボロだったある日の会食帰り、代行運転が来るまでに1時間以上待たなければならない時がありました。1時間以上パーキングの車の中で待つことは精神的に難しいと思った私は、ふらっと近くにあったイタリアンの店に入ったのです。そこで適当なワインとオススメと黒板に書かれていた「りんごのカプレーゼ」を注文。提供された皿には、薄くスライスされたりんごと生ハム、ブルーチーズが重ねられ、上から蜂蜜がかけられていました。綺麗だなと思いながらも口に運んだ瞬間、咥内に広がる香りに酔いが吹き飛んでいきました。癖の強い食材が使用されていましたが、りんごの甘さとシャキシャキとした歯ごたえがうまく調和していて、素直に美味しいと感じました。そして咀嚼しているうちにやっと、仕事ではない時間を過ごしていることを認識できたのです。何を馬鹿なことを思われるかもしれませんが、あの頃は「朝起きて通勤し、勤務が終わっても日付が変わるまで会食に参加して帰宅後はすぐ寝る」の繰り返しだったので、仕事以外の事を考える余裕がありませんでした。しかも、そんな状況に陥っていたことに、この時初めて自分でも気が付いたのですから、笑うしかありません。

この日を境に、頑張り過ぎているな、そろそろ一息ついた方がいいと判断した時は、「りんごのカプレーゼ」を食べるようになりました。お店に行けない時は自宅で作るようになり、今ではカプレーゼにせずとも、りんご単体を咀嚼している時に休憩していると感じられるようになりました。憩いのひと時を与え、日常へと戻してくれたりんごは、私にとって特別な果物になったのです。

青森りんご 通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です