ゴミ屋敷の片付けで「いつか使うかも?」の「いつか」なんてこない

ゴミ屋敷の片付けでは、その作業のほとんどが「捨てる」ことから始まります。
しかし、ゴミ屋敷の住人の多くの方が「捨てられない」という症状に悩まされます。
その「捨てられない」という理由が「いつか使うかも?」なんです。
でも
・流行おくれの服やバッグアクセサリー
・引き出物で貰ったけれど趣味に似合わない食器
・通販で衝動的に買ってしまった便利グッズや健康グッズ
・友人の海外旅行のお土産
確かにまだ使える物ばかりかもしれませんし、ひょっとしたら一度も封すら開けていない新品同様かもしれm線。
だからこそなかなか捨てられないのかもしれません。

今は使わないkれ度、いつかは使うかも?
そんな考えからどんどん不要な物が溜まっていって、その悔過がゴミ屋敷になっているのを本人は気づかないのです。

「いつか使うかも?」
そんなことを考えだしたらキリがありませんし、なにも処分できません。
流行おくれの不だって「またいつかはやるかも?」
今hじゃ趣味が合わない食器でも「歳をとれば気に入るかも?」
サイズの合わない服も「今は入らないけど、ダイエットしたら着れるようになるから」
ゴミ屋敷の受忍ほど捨てない理由を考え出す天才です。

「いつか使うかも?」の「いつか」は永遠にやってこない!
これが現実なんです。
もしも万が一、その五日がやってきたらその時に再び購入すればいいのです。
なぜなら、おそらくその時の方が値段は安くなっているし、改良されてより便利で使いやすい商品になっているはずです。
そもそもそんな物があったことすら、その時には忘れ去っているはずです。

今ゴミ屋敷を片付けだしているあなたも、
「あら、こんなものがったのね」
ときっと新たな物の発見ばかりしていることでしょう。

ゴミ屋敷の片付けとは、ほぼ「捨てる」ことと同じことなんです。
どんどん捨てていかないとゴミ屋敷はいっこうにかたづきなんてしません。
ゴミ屋敷の脱出は捨てることに躊躇していては永遠に終わらないのです。
ゴミ屋敷 脱出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です