子供に挑戦心を芽生えさせる魔法の言葉

もしあなたに子供がいたらこんな質問をしてみて欲しい
「もしなんでもできるとしたら何をしたい?」
「もしどこにでも行けるならどこへ行きたい?」

突然のこんな質問でも
「だったら、◎◎がした~!」
「そうだなぁ~?そうだ!△△に行ってみた~!」
と目を輝かせて答えてくれたのなら安心です。
貴女の子供の心にはきっと何かに挑戦するという心が芽生えている可能性は高いといえます。

しかし
「・・・・・・・・・・」
何も答えない
そんな状態だと少し心配です。
もしかしたらあなたの子供には少し挑戦する心が少ないかもしれません。
でも、そこでガッカリしないでください。
あなたに子供にかけて欲しい魔法の言葉があります。
それは
「今日、なにが楽しかった?」
と子供に問いかけるのです。
最初は子供も戸惑ってなかなか答えてはくれないかもしれません。
でも、この魔法の問いかけの言葉を繰り返していくと
「そうねぇ、あっ!今日こんなことで先生に褒められたよ」
「■■君ちのでっかい犬、ちょっと怖かったけど頭を撫でたら尻尾を振ってくれてた」
「今日の給食ねぇ、大好きな◎◎が出たんだよ」
そんな他愛のない答えが出てくることもあるでしょう。
そんな時にはぜひ
「おぉぉぉぉぉ!すっごいなぁ!!!」
と大袈裟にでも喜んで褒めてあげて欲しいのです・

なぜなら
「今日何が楽しかった」
と聞かないと
子供は「今日あった楽しいことを忘れてしまう」
のです。
つまり、この一言で子供は今日あった楽しいことを再認識して、そこで感動した体験をしっかりと身体や脳に覚え込ませることで「子供の心に挑戦心が芽生えてくる:ように私は思うのです。

「今日、どんなことが楽しかった?」損あ比すt門居
「ばなにもない」
「別に」
そんな答えをすることももいるでしょう・
「じゃあ、今週一週間でなにかいいことはなかったかい?」
「別になにもない」
そんな答えが返ってくるようなら少し心配です。
なぜなら、幼い子供にとって1日の時間の重さは大人の比ではないのです。
ですから、何も楽しいことがなかったなんてはずはないのです。

ソラノメ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です