住宅ローン借入可能額は購入可能額じゃない

住宅ローンは時に金銭感覚を麻痺させてしまいます。
たとえば日用生活品なら、あなやはいくつもの種r対のメーカーの商品を吟味し比較しますよね?
時に値段は他のスーパーとも比較して
買うか?買わないか?
を決定します。
でも住宅ローンだとそんな当たり前のことができなくなるのが少なくないのです。
金融機関
不動産業者
ハウスメーカー
さまざまな住宅を買ったり家を建てたりする専門家と話しているうちに普段の金銭感覚からどんどんかけ離れて行ってしまうのです。
念願のマイホームのためにずっと日頃から1円単位で節約してきたのに
マイホームの値段が数千万円
ですからスhy区あ万円がまるで普段使っている1万円か10万円程度の感覚になってしまいます。

最初は予算3000万円悌夫度と決めていたのに
不動産業者やハウスメーカーから
「お客様なら4000万円までは借りれますよ」
そんな甘いささやきに簡単い予算を4000万円まで上げてしまうのです。

「貸してくれるのなら借りておこうか?」
と簡単い考えないでくださいね。
借りたお金は必ず返さなければいけないのです。

自分が偏差出来る金額を見極めましょう。
住宅ローンは最長35年間かけて返済し続けます。
その長い長い返済期間中には人生何があるかわかりあm線。
思わぬ位昇進や昇給
また不動産の値上がり
損あ良いことが起こればいいのですが
逆に
会社の倒産やリストラ
大病や事故
不動産の大幅な値下がり
そんな悪いことも想定しておかなけっればいけません。

最悪の事態に備えて身の丈に合った住宅ローンを組まなければならないのです。

今の住宅ローンの審査は物件の担保評価はあまり重要視していません。
というかそこまで細かく物件の評価はしていませんし、そこまでやってはいられない事務手続き上の問題もありあmす。
まずは購入者の年収や勤務先などから借入可能額を算出しています。
たくさん貸してくれるのは、その物件に価値があるのではなく、あなたにその返済能力があるかっらなんです。
ただし、そいれは今の状況がずっと続くという前提条件ですい。
ですから、。
前提条件であるあなたの返済能力が変わってしまった場合には大変なことになるのです。
マイホームを売って住宅ローンを精算できる?
それはかなり返済が進んで残高がかなり減ってからなんです。
借金を住宅ローンに組み込む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です