離婚の危機は本当の姿が知られた時に起こる

意外と真面目な夫婦ほど離婚の危機に陥ることが少なくありません。
外からでは一見幸せそうに暮らしている夫婦でも常に離婚の危機を抱えていることはよくあることなのです。
特に真面目な夫婦、献身的な妻の場合は気を付けてください。

真面目な夫は、自分が他の女性に対する興味を知られることを恐れています。
でも、まともな男性なら妻以外の女性に興味を持つことはいたって正常なことです。
もちろん、それは理性によって抑えなくてはいけませんが・・・

女性である妻も時には激しいセックスで観も子kぉ路もとろけてみたい!
そう思いながら不倫ばかりをテーマにしている昼ドラに熱中するのである。

そんあお麻恵に抑えた感情が何かのきっかけで爆発してしまうこともあります。

夫が同僚の女性から誘惑されたら・・・
妻が同窓会で昔の同級生に迫られたら・・・

夫も妻も自分を守ることばかりに気を使い、相手が本当に望んでいることに気が付かないものです。

自分が今セックスしたいことを素直に言い合える夫婦は少数派かもしれません。
セックスでこんあセックスをしたい!こんなことをして欲しい
そんあことはとても自分の妻や夫には言えないのです。

しかし、それが言える相手が現れてしまったら・・・

同僚の女性から誘われてホテルに入ってしまたら最高のセックスに目覚めてしまった
出会い系サイトで知り合った相手に自分の望むことを素直に言えた
同窓会で再開した同級生

いわゆる自分の本当の姿をさらけだせる相手が現れた時に夫婦の危機が襲ってきます。
それがダメなことだとは頭ではわかっているの、人は道を踏み外すのです。

なにもセックスだけではありません。
わかりやすい例え話がセックスなだけです。

他愛のない会話でもそうなんです。

真面目な夫婦ほど
「良い夫」
「良い妻」
と演じようとします。
その無理がいつかタガが外れてしまう危険があるのです。

自分の本当の姿
それをさらけだせる夫婦に離婚などありません。
それなら結婚してすぐに離婚しているはずです。
子供もできて
家も買って
そんなもう離婚はできない状況になってから、離婚の危機が訪れるのです。

離婚 住宅ローン 折半

子供に挑戦心を芽生えさせる魔法の言葉

もしあなたに子供がいたらこんな質問をしてみて欲しい
「もしなんでもできるとしたら何をしたい?」
「もしどこにでも行けるならどこへ行きたい?」

突然のこんな質問でも
「だったら、◎◎がした~!」
「そうだなぁ~?そうだ!△△に行ってみた~!」
と目を輝かせて答えてくれたのなら安心です。
貴女の子供の心にはきっと何かに挑戦するという心が芽生えている可能性は高いといえます。

しかし
「・・・・・・・・・・」
何も答えない
そんな状態だと少し心配です。
もしかしたらあなたの子供には少し挑戦する心が少ないかもしれません。
でも、そこでガッカリしないでください。
あなたに子供にかけて欲しい魔法の言葉があります。
それは
「今日、なにが楽しかった?」
と子供に問いかけるのです。
最初は子供も戸惑ってなかなか答えてはくれないかもしれません。
でも、この魔法の問いかけの言葉を繰り返していくと
「そうねぇ、あっ!今日こんなことで先生に褒められたよ」
「■■君ちのでっかい犬、ちょっと怖かったけど頭を撫でたら尻尾を振ってくれてた」
「今日の給食ねぇ、大好きな◎◎が出たんだよ」
そんな他愛のない答えが出てくることもあるでしょう。
そんな時にはぜひ
「おぉぉぉぉぉ!すっごいなぁ!!!」
と大袈裟にでも喜んで褒めてあげて欲しいのです・

なぜなら
「今日何が楽しかった」
と聞かないと
子供は「今日あった楽しいことを忘れてしまう」
のです。
つまり、この一言で子供は今日あった楽しいことを再認識して、そこで感動した体験をしっかりと身体や脳に覚え込ませることで「子供の心に挑戦心が芽生えてくる:ように私は思うのです。

「今日、どんなことが楽しかった?」損あ比すt門居
「ばなにもない」
「別に」
そんな答えをすることももいるでしょう・
「じゃあ、今週一週間でなにかいいことはなかったかい?」
「別になにもない」
そんな答えが返ってくるようなら少し心配です。
なぜなら、幼い子供にとって1日の時間の重さは大人の比ではないのです。
ですから、何も楽しいことがなかったなんてはずはないのです。

小学生 習い事 時間 遅い